1年で英語は話せるようになれる!気をつけるべき英会話学習法

トライズ 英語学習法

みなさんこんにちは!前回の記事ではトライズ式英語学習法で英語を1年でマスターするための全容についてお伝えいたしました。

今回の記事では、その中でも英語学習に対する誤った思い込みについて詳しく解説して参ります。

日本には長年勉強しているのに英語が物にならないという“英語学習難民”が溢れています。せっかく時間と労力をかけて勉強したのに使える英語が身につかない人がいるのは大変もったいないことです。

多くの日本人が忙しい合間を縫って英語を勉強しているにも関わらず、それをマスターできていないのは英語学習について誤った思い込みをしているからです。それに気づかない限りいくら勉強しても英語をものにすることはできないでしょう。

そこで今回は英語学習において多くの人がやりがちな7つの間違いについて解説します。トライズの受講生のように一年で英語をマスターできる人と、“英語学習難民”はどこが違うのか。まずはその点をはっきりさせてみたいと思います。

気をつけるべき英会話学習法① 目的があいまい

まず、英語学習をされておられる方にご質問です。

「なぜ英語をマスターしたいのですか?」

この答えは人によって異なることでしょう。特にビジネスの現場ではその人の仕事内容によって求められる英語は千差万別です。一方で「英語を話せれば10億人と話せる」とか「可能性を広げるため」だとかといったような漠然とした目的では最適な勉強法を見つけられません。

弓道の的のように「目指す的」を明確に定めることで、それに向けて「やるべきこと」と「やらなくていいこと」、「徹底的に習得すべきこと」と「捨てること」が明確になり、考え方がシャープになります。私が一年で英語が使えるようになったのは目的に繋がらない学習は捨てると割り切ったからに他なりません。

今から英語学習を始める方、現在英語学習をされておられる方は「英語学習の先にある本当の目的を見失ってはいないだろうか」という問いをもう一度自分自身に投げかけて見て下さい。

コーチング英会話TORAIZ(トライズ)では、目的や目標を明確に設定することにより最適な学習計画を立てることを可能にしています。

気をつけるべき英会話学習法②「ビジネス英語は日常会話より難しい」と思っている

「英語は出来ますか?」

「 日常会話くらいなら・・・。」

私がソフトバンクの転職面接で孫社長と交わしたのと全く同じ会話を皆さんも誰かとしたことがあるのではないでしょうか。

この場合ビジネスで使えるほどではないけれどごく簡単な英語くらいなら話せますという意味で日常会話という言葉が使われるのだと思います。

でも実はここに大きな誤解があります。

なぜなら日常会話の英語の方が実はビジネス英語よりも難しいからです。 

その理由はビジネス英語では使われる単語や話題の内容がある程度予測できるにもかかわらず日常会話では趣味の話やスポーツの話題政治や経済など話題がどこから飛んできてどっちに向かっていくのか全く予測がつかないからです。

ですから私の場合、どんなにハードな交渉よりも、仕事が終わった後のパーティーで繰り広げられる会話、いわゆる“スモールトーク(雑談)”の方が苦手でした。

私の目的は「英語でプレゼンし交渉を成立させること」。ですから、たった1年で英語をマスターするためには、ひそかに難易度の高い日常会話などを学習している暇などないのです。このため「 まずは日常会話から」という思い込みは、 大きな落とし穴です。 

気をつけるべき英会話学習法③ 色々な教材をつまみ食いしすぎる

私の知人に英語の教材を100冊程度学んできた人がいました。しかしながら彼の英語力は残念ながら現在のところ、仕事で使えるレベルにはありません。

これはつまり、教材をつまみ食いした結果、どれもマスターできなかったということです。例えるなら、野球もゴルフもサッカーもやってきたが、どれも中途半端に終わってしまったというようなものです。

確かに英語の学習を進めるにつれ「もっと良い方法があるのではないか」「もっと良い参考書があるのではないか」という疑問が頭の中に浮かんでくる気持ちはよくわかります。しかし、つまみ食いは、所詮つまみ食いです。ですから思い切って教材を1つに絞る方が断然、力になりますし、むしろ1冊の教材を完璧にマスターする方がよっぽど困難なのです

ちなみに私が使ったテキストは英語の交渉の時に使われるフレーズをまとめた薄い本一冊のみ。ヒアリング教材は映画『ウォール街』だけです。教材の選び方については、今後の記事で明らかにして参ります。

また、トライズでも、1年間コレと決めた一冊を完璧にマスターしていただきます。独学では理解は出来ても、実際にその英語の内容を使えるかどうかを確かめることは出来ません。トライズの専属コンサルタントがちゃんと教材の内容を理解できて、実際に使えるかどうかをチェックするので、いろいろな教材に手を出すことなく、1冊の教材をマスターすることができます。

【鬼速英会話学習法】スピーキング上達の極意 筋トレ方式で表現の幅を増やす勉強法

2020年7月29日

気をつけるべき英会話学習法④ インプットばかりで、アウトプットの練習が不足

日本のいわゆる“英語学習難民”たちはインプットにとても熱心です。単語やイディオムをたくさん覚え文法おさらいし自分のボキャブラリーを少しでも多くしようと努力しています。

しかし、それほど一生懸命にインプットをしても「使える英語」を身につける人がほとんどいないのはなぜでしょうか。 

それはアウトプットの練習が圧倒的に不足しているからです。英語のアウトプットとは、頭の中にある英語を素早く組み合わせて外へ出すことです。日本人の英語学習者の大半は「インプット過多、アウトプット不足」の状態にあります。

なぜならインプットは自分一人でいつでもどこでもできますが、アウトプットは相手がいないとできません。つまり、「インプットはやりやすく、アウトプットはやりづらい」という状況にあるのです。

また多くの日本人は、日本人特有の真面目で恥をかくことを恐れる気質が災いし「もっとうまく話せるようになってからしゃべろう」と考えています。ここがそもそもの間違いで「マスターしたら実戦」ではなく「実践しながらマスター」 という方向に考え方をシフトしなければなりません。

「伝えたい!」あるいは「伝えたかったのに伝えられなくて悔しかった!」そんな思いがインプットへの熱意を高めてくれます。「アウトプットがあってこそインプットが活きる」のです。

その点トライズでは、週3回のネイティブレッスンがあり、アウトプットの場を用意しています。最初はうまく英語が伝わらず悔しい思いをする方もいらっしゃいますが、そう思うことで自己学習でしっかりとインプットしようという意識が高められます。トライズは常にインプットとアウトプットのバランスを大切にしています。

気をつけるべき英会話学習法⑤「正しい英語で話す」ことを目標にしている

先ほどの「マスターしたら実践」という考え方に近いですが、多くの日本人は「正しい英語で話す」ことを目標としています。

しかし、数多くの人種が共存するアメリカに行ってタクシーに乗ると実感すると思いますが、運転手によって英語力は様々。それでも「Yes」「No」の受け答えと行き先を書いたメモを渡してきちんとそこまで連れて行ってくれればノープロブレムです。また、世界で英語を話す人の大半は「非ネイティブ」であるため、そんなに完璧に正しい英語を話す必要などないのです。

また、私、三木雄信がソフトバンク時代に秘書として支えさせていただいた孫社長は日本人にとって非常に聞き取りやすい英語を話しています。

それでも発音がネイティブ並みでなくても、スピードが遅くても、多少の間違いがあっても、丁寧でわかりやすく、論理の通ったプレゼンを行えば、ルース前駐日大使やスティーブ・ジョブズのような世界のエグゼクティブと十分に渡り合えるのです。

「できないものはできない。」という開き直りが、「使える英語」を一年で身につけるための第一歩 となります。

気をつけるべき英会話学習法⑥「海外留学しないとマスターできない」と思っている

かなり昔から英語学習において根強い人気を誇る海外留学についても誤った考え方が日本で蔓延っています。

確かに海外留学を行えば英語漬けの毎日を送ることは可能です。しかし今の日本ではインターネットの発展によりYouTubeをはじめとしたサービスや英語学習塾でもオンラインを駆使したレッスンも充実しており、の活用や海外留学などしなくても、“英語漬けの毎日”を送ることは十分に可能なのです。具体的な活用方法については今後の記事で明らかにして参ります。

英語学習の継続に必要なのは「仕組み化」|やることを絞って毎日継続するための秘訣

2020年8月13日

気をつけるべき英会話学習法⑦「長時間勉強しないとマスターできない」と思っている

「やっぱり英語をマスターするには5年くらいかかるのかなぁ・・・。」

今まで英語学習にチャレンジしたけどマスターできなかった人こそ、こういう考え方に陥りがちです。

これに対する私、三木雄信の持論はこちらです。

「とくに急ぐ理由がなくても、英語の勉強は絶対に短期集中でやるべき!」

具体的には「1年」でマスターが基本。長くても「1年半」で決着をつけるべき。私、三木雄信はそう考えています。 

その理由は、極めて単純。それは「人間のモチベーションはそう長くは続かない。」これに尽きます。

例えば1日3時間の学習を1年間続けるのと、1日30分の学習を6年間続けるのではトータルの学習時間はイコールですが、さすがに6年は長すぎます。1日30分程度の勉強では、 残念ながらほとんど気休めのレベルです。何年かけても、英語を話せるようにはならない」というのが多くの受講生を見てきての率直な感想です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

私たちがこれまで、英語学習に対していかに間違った思い込みを持っていたか。お分かりいただけたと思います。

コーチング英会話トライズ(TORAIZ)では、これらの誤った常識を打破し、1年間という短いスパンで英語を習得するためのメニューがプログラム化されています。忙しい中でも英語を最短最速で習得されたい方は、ぜひトライズ(TORAIZ)の無料カウンセリングにお越しください。

著書「海外経験ゼロでも 時間がなくても 英語は1年でマスターできる」では、他にも様々な勉強法をご紹介していますので、ぜひ併せて参考にしてみてください。